読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はなゑみ

花が咲くように 咲いた花のような華やかな笑顔になるように。        「ダイジョウブ」に気が付いて、シアワセを感じていこう。

■雨の中を自転車でGO!モノゴトにはもともと意味はない。意味を付けてるは自分なんだよん。

娘はいま1歳。

人見知りも場所見知りもあまりしない。

同年代の子どもに会えば積極的に関わりに行くし

初めての大人とも

にこにこ遊べる。

 f:id:vnami:20160830171734j:image

 

うらやましい。

 

 

小さいうちから出かけてて

いろんな人に会ってるから

とよく言われるけど

 

 

この子のもっている個性が

そういうものなんだろうと思う。

 

 

昔は私もそうだったのかもしれない。

 

 

むしろ

思い返すと

そっち系の子どもだったと思うんだけど

 

 

大きくなるうちに変わっていった。

 

 

 

常識を知り

人に迷惑かけないように

人の目を気にし

人と比べ

自分に対して

この人は上なのか下なのか

瞬時に判断し

それに合う行動をすることもあった。

 

 

自分より上の人がたくさんいることを知り

自分が下だと感じることを

 

何度も繰り返していくうちに

 

 

自分に自信がなくなっていった

 

 

あの人に文句言われないように

あの人に気に入られるように

あの人に嫌われないように

あの人の正解はなんだろうって

探していくうちに

 

 

自分が何をしたいのかわからなくなった。

 

 

できる人って言われたい

賢いって思われたい

美人って言われたい

かわいいって思われたい

おしゃれって思われたい

 

 

できないと思われたくない

ダメだと思われたくない

グズだと思われたくない

バカだと思われたくない

どんくさいと思われたくない

etc...

 

 

自分に対していろいろ思うよね。

考えるよね。

私って何なのかしらって。

 

 

 

上を作ると下ができる。

プラスをつくるとマイナスができる。

 

 

言い換えてみよっか。

 

 

あの人できる人✨

→あいつはダメなヤツ

 

あの人は賢い✨

→あいつはバカ

 

あの人美人✨

→あいつはブス

 

あの人かわいい✨

→あいつはかわいくない

 

あの人おしゃれ✨

 →あいつはダサい

 

 

あいつはできない

あいつはダメ

あいつはグズ

あいつはバカ

あいつはどんくさい

 

 

あいつみたいにはなりたくない!

 

 

って思ってる。

 

ジャッジしてるよね。

 

 

それから

同時にこうも思ってる。

 

 

 

「あいつ」を「自分」に変えてみて。

 

 

→自分はダメなヤツ

 →自分はバカ

 →自分はブス

→自分はかわいくない

→自分はダサい

 

自分はできない

自分はダメ

自分はグズ

自分はバカ

自分はどんくさい

 

でもあいつよりマシ!

 

 

・・・・・

 

 

 

(´・ω・`)

 

 

 

(´・ω・`)

 

 

 

 

 

(´・ω・`)

 

 

 

悲しくなってくるべ。

 

自分のこと

そんな風に思ってるなんて。

 

 

 憧れるのはいいんだよ。

きれいになるとか、物知りになるとか。

 

 

そうなってもいいんだよ。

 

 

 でもさ、人や物事を

上下で見てる限り

 

辛い現実が見えちゃうんだよね。

 

 

 モノゴトはもともと

いいも悪いもないんだから。

 

 

上も下も右も左も。

 

 

いいとするのも

悪いとするのも

モノゴトに意味を付けてるのは

 

自分。

 

 

昨日の埼玉は雨が降ってたよ。

雨の合間に自転車に乗ったの。

少し買い物して

帰ろうとしたらまた雨が降ってきて。

 

「自転車に乗ってる時に雨が降ってる

 

濡れるよね。

服も靴もバッグも買ったものも。

雨が目に入るよね。

前が見えにくいよね。

 

嫌だよね。

 

 

 

 

 

って思う人もいるし

 

 

 私なんかは

 

久しぶりに自転車に乗って

それだけでうれしかったし

 

 

雨の中走るのも

 

 

濡れてる~

ウケる~♪

冷たい~

ウケる~♪

立ち漕ぎしちゃうぞ~♪

ウケる~♪

速いぞ~♪

ウケる~♪

おじさん抜かしちゃうぞ~♪♪

 ウケる~♪

 

ってウケてた。

なんかおもしろくなっちゃって楽しかった。

 

 

 

「雨に濡れながら自転車に乗る」

っていうのは同じでも

 

人によって感じ方は違うんだよね。

 

 

 

自分に自信がなかったり

相手をつい批判しちゃう人は

 

 

 

ジャッジをやめたらいいよ。

 

 

人はそれぞれ

自分の世界で生きていて

自分のルールをもってる。

 

その世界のものさしは

それぞれ違う。

 

自分の常識は

他人にとってはそうじゃない。

 

 

見ているものは同じでも

同じものを見てはいない。

ひとりひとり違うものさしを使って見ている。

 

 

そう思うだけで

ちょっと気持ちが軽くなるかも。

 

 

ナミ♡