読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はなゑみ

花が咲くように 咲いた花のような華やかな笑顔になるように。        「ダイジョウブ」に気が付いて、シアワセを感じていこう。

■えなり祭り《ナリ君セクション》

◆参加イベント・セミナー

「えなり祭り」に行ってきた!!

 f:id:vnami:20160905164953j:image

ナリ心理学ファン☆彡としては

映画館でやるセミナーなんていう

面白そうなイベントに

行かないわけないじゃん!

 

ってことで募集開始からすぐに

プレミアム席ゲット✨

 

会場はららぽーと内の

ユナイテッドシネマ豊洲

 

ここは私が夢のような一日を過ごした

結婚式場の隣♡

会場入りの前にちょっとだけ

アニヴェルセル豊洲にお邪魔しちゃいました(*'ω'*)

 f:id:vnami:20160905164244j:image

相変らずのステキさ✨

スタッフのホスピタリティが最高!

自画自賛だけど(違うか)

アニヴェルセルが最もいい結婚式場だと思ってる

大宮で式を挙げる人がいたら呼んで欲しい!

というか

これから式挙げるならアニヴェルセル大宮で!

っておすすめしたい(*'ω'*)✨

 

完全に話がそれたので戻します。

 

会場に着くと

えなり祭りにはすでに行列ができてて

最前列を狙えるか微妙なところ・・・

 

少しそわそわしながらも

開場とともに最前列をゲット

 

14時開演。

スクリーンにまるで映画のように

えりちん ナリ君のプロフィールが!

さすがナリ!!

最初から笑わせてくれました。

 

ナリ君セクションは

「受け取る」「うまくいく」「引き寄せる」について

f:id:vnami:20160905164941j:image

 

ナリ心理学的に

 「受け取る」

ことは

 

今のひねくれた自分のままで

集まってくるものを待つのではなく

 

「前に進む時に主体的に自分で受け取りにいくこと」

「自分の願望を積極的に叶えるもの」

 

という定義。

 

 

f:id:vnami:20160905164349j:image

f:id:vnami:20160905164522j:image

そのためには

まずは好きなことをする。

次にそれがうまくなるための努力をする。

 

不安から逃げるための努力はダメだけど

うまくなるための努力はOK

このニュアンスが今回よく分かった。

 

 

東京タワーの例が分かりやすくて

 

「東京タワーを外から頂上まで登るにはどうしたらいいか」

 

という課題があったとき

 

大概は「登り方」について調べたり

体を鍛えようと筋トレしたりする。

 

でも失敗したら大変。

落ちないようにするためには

どうしたらいいか

さらに研究したり鍛えたりする。

 

失敗してはいけない。

死んじゃうから。

 

失敗しないためには・・・・

 

 

・登らないこと。

または

・登れる自信がついてから登ろうとすること

 

じゃあ

どうすればいいんでしょう?

 

最初にやることは

 

落ちても大丈夫!って思うこと

 

失敗してもいい

間違えてもいい

かっこ悪くてもいい

ダメでもいい

 

 

高く登る方法を考えるのは

そこをクリアしてから。

 

 

あげまんの話もそれにつながって。

 

男性に「頑張ってお金稼いできて!」っていうのは

さげまん。

 

「失敗しても大丈夫」

「間違えても大丈夫」

っていう女性はあげまん。

 

プロマスで学んだのと逆なのでびっくり

人によるのかなぁ??

 

 

結果ではなく

その人の存在そのものを認める

 

結果ばかり期待するから

失敗しないように

今の場所から落ちないように

っていう努力が始まる。

 

 

結果なんて死ぬまででない。

ずっと過程。

 

・デッドorアライブ だと厳しい

・やってることがゲームかどうか

・不安から逃げるための努力になっていないか

・今に集中する

 

私に響いたのはここ。

 

そしてまとめはここ。

 f:id:vnami:20160905164617j:image

f:id:vnami:20160905164637j:image

 

 

 

なんだけど・・・

あ~

レポートってうまく書けないな~(涙

腑に落ちてないってことかな~

悲しい( ;∀;)

 

いや待て、ISD個性心理学で私は本質が虎で

EARTHだからMOONと違って

順を追って話すのが苦手なだけなのでは???

時系列で書こうとするのを辞めればいいのでは??

 

・・・ということで

えりちんセクションでは

この反省を生かして書いてみることにします

 

にやり(-ω-)

 

こちらだよん♪

vnami.hatenablog.com

 

ナミ♡