読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はなゑみ

花が咲くように 咲いた花のような華やかな笑顔になるように。        「ダイジョウブ」に気が付いて、シアワセを感じていこう。

■思いがあれば表現できる。歌い手として疎かにしてはいけないこと。黒川さんレッスン♪♪②

この記事の続き♪♪

 ■新しい世界を見たかったら専門家に会いにいくべし!!黒川さんレッスン♪♪① - はなゑみ

 

私の発声の悩みは

前の記事に書いて

解決方法も分かった。

 

 

発声の仕組みや

悩みの原因になっていることを

教えてもらった後で

 曲を使ってのレッスン。

 

 

課題曲のワンフレーズを歌ったあとで

歌詞の意味を確認。

 

 

さらに大事な言葉を確認。

 

 

楽譜には

歌詞の逐語訳と

全体の訳の両方を書き込んである。

 

 

正直なところ

私はまだ歌詞の意味を意識しながら歌うレベルにない。

 

 

 

 黒川さんからは

 

この言葉が大事だと分かっていれば

この言葉を伝えようとすれば

 

その言葉の前には

自然と体が適切に動き

発声もそれに合うようになる。

 

とご指導いただきました。

 

 

 

 

歌詞や曲の意味が分かっていれば

勝手に準備ができる。

 

 

確かに経験があった。

 

 

 

 

 

 

楽譜にはたくさんの指示が書いてある。

 

できる限りそれに忠実に

できるようにしていた。

 

言葉がはっきり聞こえるように

意識していた。

 

ダイナミクスがはっきり出せるように

何小節目がfでpなのか確かめていた。

 

メッサディヴォ―チェは

どこから始まって

どこが山でどこで収まるのか。

 

他パートと同じ音の箇所はあるか。

 

自分の音は和音の中で何の役割なのか。

 

 

 

 

 

楽譜には作曲者の意図が示されている。

 

 

それは分かっている。

 

 

 

いや、

 

 

私は

分かっていなかった。

 

 

 

 

 

歌詞の意味を理解して

この言葉を

このフレーズを

こう歌おう

と思ったら

 

それが自然にできるものなんだ。

 

 

 

 

 

 

 

大事なのは

 

   

 

こう歌いたい

こうしたいという

こう伝えたいという

 

 

 

歌い手の思い

 

 

 

 

それが

自分にはあるのか。

 

 

 

 

楽譜に細かく書いてある指示も

 

歌詞の意味と音を

ちゃんと理解することができれば

自ずとできるようになるものなのかもしれない。

 

 

発声や発音

ダイナミクスやフレーズ感

テンポ感や

表情や姿勢

 

  

表面的なことに気を取られて

 

 

最も大事なことを

疎かにしていたことに気付いた。

 

 

この曲に触れてから

日が浅いということを

言い訳にしていた。

 

 

むしろ

 

今回はそこまでいけなくても

しょうがないや

 

音と言葉が合っていれば

暗譜して最後まで

通せるようになればいいか

 

今回は助っ人だもんね。

 

だってあんまり練習時間なかったもんね。

 

 

 

 

と思っていた。

 

 

 

できなかった時の言い訳を

こんなにたくさん用意していた。

 

 

 

 

ほんとにダサい。

 

 

 

 

歌い手として

音楽家として

 

 

恥ずかしかった。

 

 

 

絶望ってこういうことかと感じる。 

 

 

 

 

本番まであと2週間。

 

もう一度

歌詞を読み込む。

 

音楽としっかり向き合う。

 

全力でやろう。

 

 

没頭できることがあるって

幸せだなって

改めて思います。

 

f:id:vnami:20161108220700j:image

 

ナミ♡ 

 

ダサいのは自分。

そんな自分をちゃんと見つめよう。

vnami.hatenablog.com