はなゑみ

花が咲くように 咲いた花のような華やかな笑顔になるように。        「ダイジョウブ」に気が付いて、シアワセを感じていこう。

■舞台の上でどう立ち振る舞うのか。グズグズの本番前《歌プロ本番③》

f:id:vnami:20170323100317j:image

 

本番当日は気分がアゲアゲだったわけですが

■気分はアゲアゲ。《歌プロ本番②》 - はなゑみ

(こちらも読んでね♡)

 

 

 

 

1月末くらいからだったからかな。

 


2月に入ってからはもう
グダグダで実は落ち込みまくりだったんです。

 

 

 

本番に向けて週2回はカラオケに行こうと考えていたものの
体が重くなかなか動けませんでした。

 

 

1月21日にバンドリハがあったんです。
生バンドはめちゃくちゃかっこよくて
感動するのと嬉しいのと同時に
その雰囲気にのまれてしまい
ハカハカしてしていました。

 ■恥ずかしがる自分を超える!歌プロバンドリハ - はなゑみ

 

 

 

 

トモティさんと一緒に歌うのもの楽しくて、

 

そう、楽しかったのですが・・・

 

 


自分のやりたいこと、
表現したいことってなんなんだろうと
迷い始めてしまったのです。。

 

 

 


私の歌プロの大きなテーマが
「女を出していく」こと

 

・セクシーさ
・色っぽさ
・エロさ
・可愛さ

 

 

 

こんなところをイメージしながら
歌声と振りを作っていきました。


2曲のPVは繰り返し見たし
山本リンダに関しては別の曲も何度も。

 

その表情、仕草、感情を真似ながら。

 

 

歌いながらそれをするというのは
また難しいんです。

 

 

 

 

11月から歌プロ6期が

スタートしたのですが


始まってすぐに
テレビに映るタレント、歌手が
ものすごく輝いて見えるようになりました。

 

 

特に芸人については、

 

 

 

誰に何と言われようと
自分がいいと思ったものを
思い切り出している姿が

とてもカッコよくて。

 

 

 

モノマネ歌合戦もとても参考になりました。

 

 

本人よりも大げさに表現するの人もいますが、

 

 

 

そこまで仕上げるための練習量と度胸を考えたら、尊敬しかありません。

 

 

 

テレビに出てる人を

馬鹿にしがちで

 


(例えば、歌手なのに音程が悪いとか

発声が汚いとか、可愛くないとか)

 

 


できていないところに

多く注目していたけれど、

 

 


自分があの場に立ったら

どんなことができるのでしょうか。

 

 


テレビに出ている人が
もう、みんな

素晴らしく見えてきたんです。

 

 

 

そして、私は歌プロの舞台で

どう立ち振る舞うのか。

 

 

 

 

 

 

カラオケで練習する時には
常に録音、録画をして
自分の歌と仕草をチェックしました。

 

 

少しずつ修正しながら
繰り返し練習。

 

 


・・・・

 

 


でも

リンダが
どうしてもしっくりこない。

 

 


あの人のパワーはすごくて。
特にあの目。

 

 


振りをつけなくちゃ
それを表現しきれない。

 

 

 

でも。

 


しっくりこない動き。

 

 

どう表現したらいいかわからない。

 

 

 


練習が足りないからだ。
まだ回数が少ないからだ。

 

 

 

どうやったら観客に
伝わる歌になるんだろう。

 

 


家でもPVを見たり
イメージしながら
グズグズやっていました。

 

 

週1のカラオケだけでなく
もっと練習すれば

何か掴めるようになったかもしれません。

 

 

 

 

結局、答えは見つからないまま

本番2日前になり。

 

 

急に決めたことがあって。

 

 

それは、

 

どんな結果になったとしても
《思い切りやる》ということ。

 

 


ぐちゃぐちゃ考えるのをやめました。 

 


思い切りやれば
きっと大丈夫。 

 

 

そしたら気持ちが落ち着きました。

f:id:vnami:20170323100407j:image
続く。

 🔲ひと皮むけて新しい自分と出会った。歌って最高!!《歌プロ本番④完》 - はなゑみ

 

ナミ♡

 

LINE@でお話ししましょ♪
お気軽にね(*´꒳`*)
LINE Add Friend QR code

 (登録・解除はワンクリックでできます)